ガチャンコガチロボ

デュエルマスターズの中でも根強い人気を誇るガチャンコ・ガチロボについて研究していくブログです。

マークロループの基本ループ手順

 

お久しぶりです悪送球です。

今回は自分が最近使っているマークロループの基本手順について説明します。

申し訳ありませんが①以外はデッキにサーチカード(ロジックサークル互換やクリメモ)が入っている前提です。

 

基本的に①、③のルートさえ覚えておけば割とどうにかなりますが、自分は相手を待たせないようにパーツ揃ったらループ始める人なのでそれ以外も使うことはあります。

 

①アトラン、転生、アゲインを各1枚使うルート

 

基本ルートで認知度も高く、サーチを挟まないので説明が楽です。

 

 場:マークロ  ハンド:アゲイン、転生、秘術師、アルカスパ、アトランティス

 

f:id:akusoukyuu:20170803223742j:plain

右下がハンドで8マナ払ってマークロを召喚したところです。

今後のループ解説もマークロ召喚から解説します。

 

1.マークロでハンドのアゲイン、転生、アルカスパ、アトランティスの4枚をシールドに送り、トリガーで効果を解決します。

          ↓

2.アトランティスを召喚

          ↓

 3.アゲインをマーシャルクロウラーに打つ

          ↓

4.転生スイッチをアトランティスに打ち、秘術師を出す

          ↓

5.アルカディアスパークを打つ(こいつはいつ解決しても大丈夫です)

          ↓

6.秘術師効果でアゲイン、転生、アルカスパを回収

          ↓

7.アトランティス効果で秘術師(マークロ)をバウンス

          ↓

8.マークロ効果で最初の4枚を盾に送りトリガー(最初に戻ります)

 

2周目以降はアトランで残した クリーチャーにアゲイン、転生アトランで戻したクリーチャー出すようにすれば大丈夫です。

完全にループ入ってないときはマークロ場に残したほうがループ入りやすいので自分はマークロ残すようにしていますが。

 

それと解説では アトランティスを最初に召喚していますが、クリーチャーは最初に召喚しておいたほうが分かりやすいです。

慣れないうちは誤って召喚よりも前に転生スイッチを打ってしまうかもしれないので…

 

 

② アトラン、転生、目的不明、サーチカードを各1枚使うルート

 

目的不明サーチを使うルートです。チュートピアがいる場合でもループできます()

 

場:マークロ ハンド:サーチカード、転生、秘術師、目的不明、アルカスパ、アトランティス

  

f:id:akusoukyuu:20170803230058j:plain

 

 1.マークロでハンドのサーチカード(今回はロジックスパーク)、転生、目的不明、アルカスパ、アトランティスの5枚をトリガー

          ↓

2.アトランティスを召喚

          ↓

3.転生をマーシャルクロウラーに打ち、秘術師を出す

          ↓

4.目的不明で転生スイッチを唱え、アトランを戻しマークロを出す

   転生スイッチはデッキボトムへ

          ↓

5.ロジックスパークでボトムに送った転生をサーチ

          ↓

6.アルカディアスパークを打つ

          ↓

7.秘術師効果でロジックスパーク、目的不明、アルカスパを回収

          ↓

8.アトランティス効果で秘術師をバウンス

          ↓

9.マークロ効果で最初の5枚を盾に送りトリガー(最初に戻ります)

 

基本的に①のルートが簡単なためあまり使いませんがアゲインが盾のどこかにあるときに探すためのハンドがない場合なんかに使うかと思います。

 

③ アゲイン、目的不明、サーチカードを各1枚使うルート

 

目的不明サーチを使うルートその2です。アトランが引けないときに罠から転生した秘術師でループする際に使うので②よりは使用頻度高めです。

 

場:秘術師、マークロ ハンド:サーチ(ロジックサークル互換やクリメモ)、アゲイン、目的不明、アルカスパ

 

マークロ召喚で罠を転生する場合は

場:マークロ ハンド:サーチ(ロジックサークル互換やクリメモ)、アゲイン、目的不明、アルカスパ、罠、転生、秘術師

 

f:id:akusoukyuu:20170803230224j:plain

 

1.マークロでハンドのサーチカード(今回はクリスタルメモリー)、アゲイン、目的不明、アルカスパの4枚をトリガー

          ↓

2.アゲインをどちらか片方に打つ

          ↓

3.目的不明でアゲインを残りのもう片方に打つ

          ↓

4.クリメモでボトムに送ったアゲインをサーチ

          ↓
5.アルカディアスパークを打つ

          ↓

6.秘術師効果でクリメモ、目的不明、アルカスパを回収

          ↓

7. マークロ効果で最初の4枚を盾に送りトリガー(最初に戻ります)

 

 

罠、転生、秘術師がハンドにある場合は2の手順の前に

罠召喚→転生で罠戻して秘術師

をやるだけです。

 

アトラン使うルートしか分からないと罠転生で折角2体両方揃ってもアトランが無いとループできないなんてことになるので覚えておいて損はないです。

複数積みされてるアトランと殿堂の目的不明だとアトランの方が引きやすいとは思いますが。

 

④マークロ、秘術師のストックを無限に貯めるルート

 

トリガーでないカードを無限に回すときに覚えていて損はないルートです。

 

 メルニア・エマンジェンシー、ガロウズホール、槍、トリガー付きでもホーンデットチョイスなんかを回すときは重宝すると思います

 

f:id:akusoukyuu:20170803230255j:plain

  

場:マークロ ハンド:サーチカード、転生、秘術師、目的不明、アルカスパ、アトランティス

 

1.マークロでハンドのサーチカード(今回はクリメモ)、アゲイン、転生、目的不明、アトランティスの5枚をトリガー

          ↓

2.アトランティスを召喚

          ↓

3.転生をアトランティスに打ち、秘術師を出す

          ↓

4.アゲインをマークロに打つ

          ↓

5.目的不明でアゲインをアトランか秘術師に打つ

アゲインはデッキボトムへ

          ↓

6.クリメモでボトムに送ったアゲインをサーチ

          ↓

7.秘術師効果でクリメモ、転生、目的不明を回収

          ↓

8.アトランティス効果で秘術師をバウンス

          ↓

9.マークロ効果で最初の5枚を盾に送りトリガー(最初に戻ります)

 

これで5で打ったアゲイン分がストックされるので無限にストックを貯められます。

それと、 サーチカードがロジックサークル互換の場合なら転生2回打っても同じことができます。 

一応アルカスパ型でシャッフで8宣言されてもこのルート使えばホワグリ使って20打点くらい作れます。 

 

 

とりあえず今回は基本のルート説明でした。

マークロにサーチカードは積んでいないという方は参考にならない解説で申し訳ないです。

 

文章書くのが下手なので分かりづらいところあったらTwitterの方に質問くれれば対応します。

以上完全な自己満足でしたがありがとうございました。

 

 

追記、使うことはないと思いますがホワグリ無限打点精製について質問があった為ルートを載せておきます。

タイムアップでスペゲになるcsで時間ギリギリにシャッフで8を宣言されアルカスパが回せないなんて状況もあるかもしれないので一応。

 

エマタイ、グリモアを積んでいれば簡単なルートですが積んでいないと長いルートになります。

 

エマタイグリモアを積んでいるのならエマタイグリモアでホワグリを切って目的不明で唱え、それをサーチまた切って唱える…

ヤヌスは赤にしたら転生で戻して再度出し直しで無限にひっくり返せます。

 

次は特殊なカードを積まなくても光魂だけでループできるルートは下記になります。

自分の文章が下手なせいもあり非常にややこしいので見なくても構いません。

 

マークロ秘術師のストックが無限にある状態で
手札に転生2枚、光魂、目的不明、ホワグリが条件です。
今回は分かりやすくするために必要パーツ以外全てマナに置いてあります。
手札の上7枚が無限ストックを精製するためのパーツで、下3枚がホワグリループパーツです

f:id:akusoukyuu:20170807232300j:plain

 

山が1枚ではじめます。
最初に転生を空打ちして目的不明でデッキ下へ

もう一度行い、山下2枚を転生で固定します。

 

f:id:akusoukyuu:20170807232545j:plain

 

次に光魂でホワグリ、シンカイヤヌスをだします。
ここでループに関係ない最後の1枚だった山を引きました。

 

f:id:akusoukyuu:20170807232733j:plain

 


次に光魂を使用し、ホワグリで赤いクリーチャーを次元から出してヤヌスがループ覚醒します。

この時ヤヌスグレンオー効果ストックし、光魂効果で転生スイッチをドローしています

 

f:id:akusoukyuu:20170807233106j:plain

 

この状態からスタートで、

アトラン、光魂、転生、目的不明を同時に使い、アトランを召喚し転生でヤヌスを戻して、目的で転生を唱えアトランを戻します。

次に光魂でもう一枚の転生をドローしシンカイヤヌスを出します。

 

この動きを繰り返し、転生の対象をヤヌス、赤いクリーチャーと入れ替えることでヤヌスグレンオーの効果をストックします。

 

ストックが十分溜まったら次に回すクリーチャーをプリンに変えてマナの打点を回収し、ストックしていたアトランティス効果を全て発動した後

罠(ホーリーでもok)→転生でマークロ、秘術師を展開し最後に罠(ホーリー)を全て出します。

転生の対象を罠ホーリーにすれば次元も全て展開できます。

最後にヤヌスグレンオー効果一斉に解決して全員SA化します。

マークロ、秘術師、罠、ホーリー、次元8体を展開すれば簡単に10打点は超えられます。

 

おまけに変なもの書いてしまってすみません。

すごく分かりづらいかと思うので疑問点あったら質問の方をお願いします。

ガチロボ杯ルール草案

お久しぶりです悪送球です。

 

今回はガチロボをメインにデュエマがしたいと思いガチロボ杯なるレギュレーションを考えてみました。

 

f:id:akusoukyuu:20160825200348j:plain

 

出来るだけシンプルに作りましたが規制リストがながったらしくなってしまって申し訳ないです。

 

まだまだ考え中ですので何か意見があればよろしくお願いします。

 

≪基本ルール≫

 

【デッキ構築について】

1.「ガチャンコ・ガチロボ」をデッキに4枚入れること

2.水文明のカードをメインデッキに12枚以上入れること(ガチャンコガチロボを含む)

3.同じコストのクリーチャーカードをメインデッキに26枚以上入れること

4.規制カードについては通常の殿堂レギュレーションに準拠するが、そのほかにガチロボ杯特別殿堂のリストにも従うこと

 

【ルールについて】

基本的にはデュエルマスターズの「総合ルール」の最新版に従います(そのためガチャは使用不可です)

そのほかに下記のガチロボ杯特別ルールを適応します。

 

1.相手のマナゾーンのカードをカードの効果によって、別のゾーンに移動することは出来ません。

 2.クリーチャーの効果によって追加ターンを得ることは出来ません。

3.各プレイヤーは、自分自身が「ガチャンコ・ガチロボ」をバトルゾーンに出すまでの間相手のクリーチャーの攻撃後、自身の手札からカードを1枚マナゾーンに置くことができます。

4,超竜ファイバード、各種DJショーのように会場や人物、気象警報等を参照にするカードはその条件を満たしているものとして扱います。

 

≪ガチロボ杯特別殿堂リスト≫

 

ガチロボ杯プレミアム殿堂(1枚も入れることが出来ない)

 

・赤攻銀 カ・ダブラ

・ベイB ジャック

式神シシマイ

・異端流し オニカマス

・洗脳センノー

・単騎連射 マグナム

・獣軍隊ヤドック

・呪紋のカルマ インカ

聖霊エルレヴァイン

・滅亡ルーレット

・終断δ ドルハカバ

・緑知銀 サモハン

・無双恐皇ガラムタ

・石像男

・ダブル・リボルバードラゴン

・メガ・マナロック・ドラゴン

・従獄の凶獣ドルベロス

・共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス

・R・S・F・K

・超奇天烈 マスターG

・時の法皇 ミラダンテXⅡ

・超九極 チュートピア

サファイアウィズダム

聖霊王アルファリオン

聖霊王アルファディオス

・龍世界 ドラゴ大王

・悪魔神バロム・クエイク

・「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

・時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ

・恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ

  

ガチロボ杯殿堂(デッキに1枚しか入れることは出来ない) 

 

 ・天光の精霊ミハイル

・真実の精霊王 レオ・ザ・スター

緑知銀 サモハン

・ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

・爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神

・真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド

 

以上がガチロボ杯のルール(予定)です。

 

他にも何か変えるべきところあればコメントをお願いします。

 

制限候補は他にも有りますが(下の画像で考え中です。)、どうするかは一人でこのレギュレーションで遊びながら考えていきたいと思います。

 

f:id:akusoukyuu:20170420002842p:plain

 

自分の中では普通のガチロボデッキ以外にガチロボをメタったり、ガチロボより早かったりするデッキが出てきて欲しいと思ってます。

 

ロボを中心にメタが回るというのを体験してみたいので。

 

以上 GP使用デッキの記事も上げずに糞レギュレーションの記事上げて済みませんでした。

5cジャックポット(マナロ搭載型)

宇都宮cs参加してきました。

成績は個人とチーム共にベスト16です(両日とも最下位予選抜け)。

もう握る予定がないので供養替わりに掲載したいと思います(2回目)。

 

レシピは下の画像になります。

f:id:akusoukyuu:20160904214250j:plain

 

(一応レシピです。画像で分かれば飛ばして構いません)

4 x メンデルスゾーン
4 x フェアリー・ミラクル
4 x 青寂の精霊龍 カーネル
1 x 音感の精霊龍 エメラルー
1 x ホーガン・ブラスター
1 x ミステリー・キューブ
4 x 龍秘陣 ジャックポット・エントリー
1 x 壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ
2 x メガ・マナロック・ドラゴン
2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
3 x 百族の長 プチョヘンザ
4 x ニコル・ボーラス
3 x 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ
3 x 恐・龍覇 サソリスレイジ
2 x ボルメテウス・ブラック・ドラゴン
1 x 偽りの王 ハチャトゥリアン


1 x 卵殻塊 ジュラピル/生誕神秘 ル=ピラッジュ/成長類石塊目 ジュランクルーガ
1 x 爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神
1 x 浮遊する賛美歌 ゾディアック/賛美の精霊龍 ハレルヤ・ゾディア
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
1 x 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム/五邪王 ニガ=ヴェルムート
1 x 恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ

 

解説は以前大体やったので代わっているカードのみ解説で

以前のレシピから抜けているカード

・デルフィン

・覇

・サソリスレイジ

ホワイティ2枚目

投入したカード

・マナロック×2

・ボル黒2枚目

・バトライ閣

 

・投入したカード

《メガ・マナロック・ドラゴン》×2

6マナに到達してもジャクポがないと行動が取れないためその穴埋めとして投入。

読まれにくいカードでジャクポ相手にこのカードを意識してプレイをしてくる相手はほとんどいなかったため大正解の枠でした。今後ジャクポで流行らないことを祈ります

ドロマー、デアリ剣、赤黒、オプル、5c等に刺さり、メンデルミラクルのブースト力で4t目に着地させます。

ビマナ、オプル、デアリ剣等は返しのターンに動けないようにマナロックしてから殴り、トリガーで動きを止められたら返しのターンにボーラスを投げて〆なんてルートも。

ハヤブサマルを投入しているデッキでは、ジャクポ相手にハンドにハヤブサをキープしていることはほぼ無意味なためよくマナに置かれ、マナロックの餌食になってくれました。

 

 《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》2枚目

デルフィンと入れ替わりで入ったカード。相手を問わず盾焼却という最高峰の詰めを行え、除去持ちでデルフィンより汎用性が有り、黒が欲しかったため投入。

 

《爆熱剣 バトライ刃/爆熱天守 バトライ閣/爆熱DX バトライ武神》

コントロール相手には建てていく札です。

マナロック、ボーラスでの攻撃と山札操作でかなり使いやすいカードで、処理できない相手にはこれ+マナロで勝ちに行けます(ドロマー等)。

 

 

・抜いたカード

《光神龍スペル・デル・フィン》

天門、ドロマー、オプル、ビマナへの詰め札として採用していましたが、これらのデッキにはボーラス+ボル黒で既に詰め手段を得ているためボル黒2枚目へと変更。

ビマナ、オプルには前述のマナロックを投入することで新たな詰め方もできておりデルフィンはoutしても問題ないと判断したためです。

ドロマー相手には12マナ貯めてル=ピラッジュひっくり返して勝ちという勝ちパターンが消えたため以前よりは相手が面倒になりましたがプレイングで取れる相手なので問題ないと思います。

 

《勝利宣言 鬼丸「覇」》

抜きたくなかったカードです。

強引な詰めができ、絶望的な状況でワンチャンを狙えたためル=ピラッジュを建てて置くことに非常に意味が生まれてくるカードでした。

こちらはマナロック1枚目の枠に変更、フィニッシュ力は落ちましたが有利な状況も増えたためよかったのかなと思ってます。

 

《恐・龍覇 サソリスレイジ》

このデッキでの重要なカードであり4積んだ際の安定感はありましたが、ハンドでだぶつき緑単色の枚数も十分ではないかと判断したため4→3枚に減らし1枚をマナロック2枚目の枠へ。

3枚にしてもなんとかジャクポでめくれて、マナに落ちてもハチャから剣破壊で出せる場面もあったのでまあ良かったのかなかと。

しかし、ブーストで2枚落ちると後の展開が苦しいと感じたためこのあとどうするか考えています。

 

 《龍魂教会 ホワイティ2枚目

2枚目を使うことは希であり、レイジを削ったため攻撃力のある閣に変更しました。

 

 

今後の環境ですがブラックアウトは想像以上に重かったのでボーラス以外の選択肢は厳しいなんて事態に陥りそうです。

また、サソリスが弱体化するとは言え、リペア後も若干の不利対面であり、サザンの増加が打撃になっています。

今後もジャクポは練りこんでいきますが今よりも厳しい環境になりそうです。

枚数や不採用カードの理由等質問があれば受け付けますのでコメントまたはtwitterからお願いします。

青白パーレンチャン('16.8.28)

こんにちは。飽きたといいつつ2回目の投稿になります。

今回は以前twitterで晒したパーレンチャンの解説になります。

パーレンチャンを色々試した結果このカラーリングに落ち着きました。

他に試したのは

  • 青単
  • リーヴァ(では利点が見出だせなかった)

辺りですね。

 

レシピは下の画像になります。

 

f:id:akusoukyuu:20160827080348j:plain

 

(一応レシピです、画像で分かる方は飛ばして構いません。)

1 x スパイラル・ゲート
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x 魂と記憶の盾
4 x ピーピング・チャージャー
4 x 超次元ブルーホワイト・ホール
4 x 英雄奥義 スパイラル・ハリケーン
4 x 龍素記号 Ea パーレンチャン
1 x ホーガン・ブラスター
2 x コラプス・ウェーブ
3 x 術英雄 チュレンテンホウ
2 x 反撃のサイレント・スパーク
3 x 超次元ガロウズ・ホール
4 x 目的不明の作戦
3 x アルカディア・スパーク


3 x 勝利のプリンプリン唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 勝利のガイアール・カイザー唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

 

では各カードについて軽く解説をしていきます。

 

《スパイラル・ゲート》

軽減系やトリッパーに間に合うバウンスで終盤も余ったマナで打てるのが優秀です。

 

《エマージェンシー・タイフーン》

ピーピングチャージャーを3ターン目に打ちたいのと目的不明との相性の良さで採用、手札にの多色がだぶつくので潤滑剤として優秀です。

 

《魂と記憶の盾》

スパゲと同じく軽量除去で優秀です。パーレンチャンのブレイクを安全に通すことも出来ます。

 

《ピーピング・チャージャー》

唯一の3コストチャージャーなのでガン積みです。

盾を見る効果も少なからず有効に働きます。

 

《超次元ブルーホワイト・ホール》

というカラーリングの最大の利点で、ビート相手に勝つためには必須です。

目的不明含め8枚体制は他のデッキにはない利点なので禁断相手には7マナ揃えれば2種類のマナ武装で粘り勝ちも出来ます。

 

《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》

準青単にする大きな利点、禁断入りの相手に対して有利に動けるカードです(勝てるとは言っていない)。

ピタゴラスと比較すると。

こちらの利点は

  • 1コスト軽くパーレンチャンとコストが被らない。
  • 全体除去なので剣等の3体以上並ぶデッキに有利、
  • 自分のクリも1体バウンス出来るため過剰にだしたを戻せる。

等が挙げられます。

 

《龍素記号 Ea パーレンチャン》

やっぱり無限攻撃系はロマンが有りますね。

ウンリュウホイールイカズチヘルスラッシュガイグレン辺りも面白いですよね。

攻撃が止まっても増えた手札で戦います。

クリは7枚ですが止まるときは止まります。

 

《ホーガン・ブラスター》

相手ターンにパーレンチャン出せますよ。

運要素が強いですがクリメモを採っていない為山札をシャッフルできるカードは貴重です。

 

《コラプス・ウェーブ》

非常に小回りの効くカードです。

  •  相手へのランデス
  • 自分のマナ回収
  • パーレンチャンの攻撃1回確定させる

等の役目が有ります。

5c相手に色を弾いてデブを出させないなんてことも。

 

《術英雄 チュレンテンホウ》

準青単にする利点その2です。

パーレンチャンが通らない相手に対しての有効札兼防御札となります。

コラプスガロウズ辺りが2回打って強い呪文ですかね。

  • ブルホワシュヴァル→ガロウズ×2でデモコマ2体覚醒
  • ブルホワガロウズ×2で唯我独尊リンク

もできます。

 

反撃のサイレント・スパーク》

 のトリガー呪文その1、アルカディアスパーク目的不明に反応しないためこちらも数枚挿しておきたいと思い投入。

2回打ってもドロー効果は腐らないので安定性は高いです。

 

《超次元ガロウズ・ホール》

バウンス付きの次元穴で汎用性が高く、上にも書いたようにブルホワ+これ2回打ちで唯我独尊とシュヴァル覚醒のプランが取れます。

 

目的不明の作戦

相性がいいカードが非常に多くデッキの嵩増しにもなる優れもの、シャッフル手段をホガブラしか搭載してないためボトムの再利用ができるカードの採用を検討中。

 

アルカディア・スパーク

のトリガー呪文その2、除去能力持ちで優秀、目的不明に引っかからないがそれを差し置いても十分なスペック。

 

勝利のプリンプリン唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

ブルホワの仕込み時だけでなくトリガー目的不明ガロウズから2体止めたり。

 

《時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト

スパイラルハリケーンをトリガーで打った際に返しでブルホワで止めるクリーチャーがいない時に出します。

覚醒条件がガロウズ×2で揃い、アルカディアスパークの条件を誘発することもできます。

 

勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

ピーピングパーレンチャンガロウズで動いた時に出します。

次ターンにプレイを縛れない場合は無理して出しません。

 

ヴォルグ・サンダー

呪文が多い相手に打ち込んだり、スパイラルハリケーン+目的不明あたりと合わせて遅延LOができるかも?

基本はシュヴァル覚醒用です。なので別のガロウズで出せるエンコマ/デモコマでも良かったりしますがとりあえずワンチャン作れるこのカードで。

 

時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

ガロウズで2除去できるカードでシュヴァル覚醒用です。コイツ自身は殆ど覚醒できません。

 

勝利のガイアール・カイザー唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

汎用性の高いカードで主にリンク用と打点+1で勝てる場面で使います。

 

候補カード

 《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》

ヴォルグへの弱さ、山札シャッフル(なお墓地リソース)、クリーチャーサルベージの問題を1枚でこなす優秀な子、これで大会出るなら必須ですが大会は出ないんで。

 

クリスタルモリー

クリーチャー引き抜きに欲しいカードのサーチ等役目は多いが枠と打っている暇がないのが現状

 

ジャッジメントタイム

まだ出ていないんで試していませんが色も効果も優秀で青いエタトラとして機能してくれるのではないかと期待しています。

 

《金色証明》

シャドーウェーブサイクロン

《龍脈術 落城の計》

フォートレス等のメタとして検討中、おそらく金色証明の方が強い。

この間ジュダイオウパーレンチャンが殴れない事案が発生したので。

 

幾何学艦隊ピタゴラス

スパイラルハリケーンが強すぎて微妙な立ち位置。

クリメモが入るなら4→5で2バウンスと動けるので1枚投入するかも。

 

《龍素の宝剣》

マナ回収を行いつつ相手を除去することができます(しかし強制)。

書いてあることは弱くないんですが…

 

《カモン・ビクトリー》

ふざけ過ぎましたすみません。

 

 各デッキとの相性(書いてて悲しくなってきました)

・対ドギラゴン

勝ち筋の7割が禁断勝ちです。ブルホワ+スパイラルハリケーンで遅延して相手に何度もコマンドを出させて最後に盾からトリガー出して勝ちます。

ラフルルレッドZ、リバホ+ヴォルグが入っているタイプは相手にしなくていいです。

 

・対デッドゾーン

ドギと同様禁断勝ちします。ドギ以上に盤面に触れるカードが多いうえ、ハンデスが絡んでくるためほぼ無理です。

 

・対

ヴォルグ打ち込んで終わり。

ピーピングコラプスランデスガロウズヴォルグで勝てるかどうか。

 

・対マー黒ハン)

バトウ、ヴォルグでお葬式

 

・対サザン

がいるため盾の踏ませ方によって変わってきます。

ラフルル入りはもうどうでもいいです。

あちらは除去を持っていないためチュレンテンホウまでつなげば割と勝てます。

 

・対5c 

相手の序盤の動きにパーレンチャンが間に合ってコラプスで色弾ければ取れる感じです。

最近リバイヴ入りがあるのでそれからのヴォルグでも死にます。

 

・対サソリス

序盤にバウンス連打で龍解阻止しつつパーレンチャンまで繋げます。フォートレス除去が入れば勝率は上がると思います。

 

枚数や不採用カードの理由等質問があれば受け付けますのでコメントまたはtwitterからお願いします。

5色ジャックポットエントリー(’16.8.26)

初めてのデッキ投稿ということで早速ガチロボ♡…と言いたいところですがもう握る予定がないメンデルミラクル型のジャックポットを供養替わりに掲載したいと思います。

 

レシピは下の画像なります。

 

f:id:akusoukyuu:20160825202307j:plain

(一応レシピです。画像で分かれば飛ばして構いません)

4 x メンデルゾーン

4 x フェアリー・ミラクル

1 x ホーガン・ブラスター

1 x ミステリー・キューブ

4 x 龍秘陣 ジャックポット・エントリー

4 x 青寂の精霊龍 カーネル

1 x 音感の精霊龍 エメラルー

1 x 壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ

2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ

4 x 恐・龍覇 サソリスレイジ

3 x 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ

1 x ボルメテウス・ブラック・ドラゴン

4 x ニコル・ボーラス

3 x 百族の長 プチョヘンザ

1 x 偽りの王 ハチャトゥリアン

1 x 神龍スペル・デル・フィン

1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」

 

1 x 龍魂城閣 レッドゥル

2 x 龍魂教会 ホワイティ

1 x 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム/五邪王 ニガ=ヴェルムート

1 x 恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ

1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ

1 x 卵殻塊 ジュラピル/生誕神秘 ル=ピラッジュ/成長類石塊目 ジュランクルーガ

1 x 浮遊する賛美歌 ゾディアック/賛美の精霊龍 ハレルヤ・ゾディア

 

 それでは各採用カードについて軽く説明をしていきます。

 

メンデルゾーン》

1枚で2ブーストできる可能性があるカードです。

ビートに対してはデブマナである5マナを序盤の到達目標としているのでこのカードが弱いはずありません。

相手に先行を取られても2ターン目タップインでもを揃えておけばトリッパーを投げられても3→5で繋げることができます。

ライフシャワーと比べるとトリガーがついていないのが比較する点だと思います(シャワーは終盤腐らないなどほかの利点もありますが)。

トリガーが付いているとは言えあちらが1枚ライフ→盾からライフで2ブーストですが、こちらは1枚で2ブーストすることができ、盾からのブースト期待が出来ない代わりに、殴ってこないor盾に埋まっていない場合のブーストではこちらの方が上になります。

吸い込む等の4コストのカードに安定して繋げられてトリガーもついているといえば聞こえはいいですが、自分は今の環境ではジャクポはブーストの速度が勝敗を分けると思っているので断然こちらです。

宝箱とは役割が全く違いあちらは質でこちらは量のブーストですので割愛します。

 

《フェアリー・ミラクル》

5色の基本ブーストカードで3ミラクルジャクポの流れが美しいです。

2ブーストできるカードを8枚採りたいのでこちらも4です。

 

《ホーガン・ブラスター》

《ミステリー・キューブ》

ジャクポ4枚ではブーストが成功してもハンドに打つべきカードがないという状況があることと、トリガーのため受けカードになることから投入しました。

メンデルの成功率が下がってしまいますが、それでも投入する価値のあるカードだと思います。メンデルから3ターン目に打てるのも良い点です。

 

《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》

今の環境では早期にこれを打って回答札を出すことでゲームを有利に進めていき勝利に繋げるというのが簡単に達成できる印象です。

基本コントロールorループにはーラ、ビートにはレイジジュダイオウを目指して動いていきます。

 

《青寂の精霊龍カーネル

ドラゴントリガーとして他と一線を画するカードです。

効果+ブロッカーという効果と自身の持っている文明で様々な相手に活躍することができます。

メンデルカーネル→次ターンチェンジチョの流れは対サザンあたりで結構使います。

 

《音感の精霊龍 エメラルーダ》

禁断の残っている相手に対してカウンターするための盾を追加するカードとしての使うのが一番多い使い方です。

他にもパクリオドホで埋められたカードを回収したり、リスに対してデブを早投げしたりします。

 

《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》

ジャクポでの採用率はあまり高くないみたいですがとてもオススメしたい1枚。

役割としてはサソリスイメンサザン(黒単)に対して全体除去に限らず、

チョが1回のみ(ドミノ自身がマナに行くため)ドギを除去できる

ジュダイオウに引っかかるパワーになる

・対マーにおいて特攻が機能しなくなる(おまけにベララー除去)

等多くの活躍が期待できるカードです。

自分も千葉csでは上のような使い方で取った試合もあるので現環境の-1000はとても強力だと思います。

 

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》

ジャクポで捲れる山札の数を2倍にするカードです。

この部分が大事で最速で回答を投げなければいけない場面が多いので採用しています。他のジャクポに比べて使いまわすカードは弱いかと思います。

 

 《恐・龍覇 サソリスレイジ》

このデッキのキーパーツで4以外はありえないと思っています。

イーヴィルブラックを止められるジュダイオウ、対コントロールで龍解するタイミングさえ選べば勝てるニガュー、SA化することでチョまで繋げられるレッドゥル…選択肢が強すぎます。

自身の効果も1ブースト+ガードマンでジャクポで6→8と腐りません。

デッドマンは的になることと生き残れば膨大なアドバンテージを獲得できることが異なる点ですが、レイジ6から8へ繋げられる点で安定性で差をつけられていることとと、手札が枯れやすいジャクポというデッキタイプであの効果をどこまで使えるかというところがあります。

DS期あたりならば13マナまで溜まった際にデッドマンジュダイナでマナから龍召喚の流れはとても強かったのですがそこまで待ってくれるデッキはもうないんじゃないかと思います。

 

《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》

4枚と悩みましたがこの枚数で妥協しました。

禁断への勝ち筋と防御札+反撃札として投入しない理由はありません。

 

《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》

というカラーリングとへの詰め札として採用。

除去効果も腐らず複数枚投入も考えています。

 

《ニコル・ボーラス》

ジャクポのキーカード、自身の色と早投げしたときの強さは言うまでもありません。

天門相手にボルデルフィンが見えなかった場合には2パン→これ出して2パンのルートを取る場合も。

 

《百族の長プチョヘンザ》

カーネルレイジデブあたりからチェンジします。

全体除去とタップインが非常に噛み合っており強力なカードです。

 

《偽りの王ハチャトゥリアン

黒が足らずボル黒2枚目と悩んでこちらを投入。

ドギ破壊→レイジ

ギョギョウ破壊→ドミノ

シャチホガンヴィ)破壊→サイク

あたりがよく使います。マナに除去されたドミノを出せるので1種のマナ回収としても機能します。

 

《光神龍スペル・デル・フィン》

現環境ではナインよりも優先すべき札です。

基本的にデルフィンを除去でき、ナインを除去出来ないパワーラインの除去をもつデッキは呪文メタに強いor刺さらないです。

バトリベンジ等の除去ドラゴンに弱く見えますが、ハンドに呪文が1枚あると射程範囲から外れる上に呪文がハンドに0の状況でこのクリーチャーを除去しても次のトップで呪文を引けなければ1ターンもらったも同然です。

呪文がハンドにあると除去出来ないパワーラインの除去を食らったら1ターン+情報アドを貰えたと考えられるわけです。

デルフィンナイン両方射程範囲の除去に関しては除去直前まで情報アドをもらえるこちらの方が上です。

それどころかパワーが上がれば射程から逃れる可能性もあるのでパワーの高さ以前にスペックがこちらのほうが圧倒的に上だと思います。

あちらと比べた欠点としては封印を外せない、チュートピアモモタロスに侵略できない等でしょうか。

 

《勝利宣言 鬼丸「覇」》

ワンチャンを狙えるカードです。

真面目に言うとサソリス等のコストが低いデッキへの〆のカードとなります。

特にサソリスはマナへの除去しかないためル=ピラッジュ+マナに覇で勝ちに行くことができます。

ジャクポで山を弄れるので9コス以上が入っていないデッキはそのまま〆に行けるのが強いです。

 

《龍魂城閣 レッドゥル》

レイジをSAにしてチョを生み出せる重要なカードです。

1回しか使わないかなと思って1枚にしましたがホワイティを思ったよりも使わないためこちらを2枚でも良さそうです。

 

《龍魂教会 ホワイティ

汎用性が高いフリーズカードです。

しかしカーネルでいい場面が多数あり1枚に減量します。

 

《侵攻する神秘 ニガ=アブシューム/五邪王 ニガ=ヴェルムート》

対コントロールへ龍解して打点を作りつつ、ーラ+αを握れるのが強いです。

表面の効果もこのデッキには噛み合わないカードがなく強力です。

 

《恐龍界樹 ジュダイオウ/恐・古代王 サウザールピオ》

イーヴィルブラックウララー等の環境に存在する多数のウィニーを止めることができるカード、次元穴からで何かするのがメインのデッキが増えてきたらレイジ減量します。

 

《始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ》

ジャクポで最速で出した時に相手の行動で次除去を受けなさそうな場合に装備して次ターンーラに繋げます。

裏側のダイレクトを食らわない効果は表面のおまけで考えると強いです。

 

《卵殻塊 ジュラピル/生誕神秘 ル=ピラッジュ/成長類石塊目 ジュランクルーガ》

マナからデルフィンを出すために立てます。一応除去を受けない殴り手としても。

場を並べておけば魔天降臨のメタにもなります。

 

《浮遊する賛美歌 ゾディアック/賛美の精霊龍 ハレルヤ・ゾディア》

この枠はほかの方の構築を参考にしました。

チョドギが消せます、倒せます。役割はこの1点のみですがドギが多すぎてこれだけの理由で採用に値します。

 

メンデルミラクル型よりもライフ吸い込む宝箱型をよく見ますがこの型も弱くはないので資産が余っていたらぜひ組んでみてください。

 

枚数や不採用カードの理由等質問があれば受け付けますのでコメントからお願いします。

 

初めまして

ブログを始めてしまった悪送球です。

twitterをメモ帳代わりに始めましたが、文字数制限で自分が書きたいことを書ききれなかったりするので大きなメモ帳みたいな感じでブログを始めました。 1日で飽きそうな気がしますが…

まあDMブログのブーム?に乗っかったところもあるんですけどね。

これから長文を書きたいときや戦歴なんかのtwitterでは書ききれないものを報告するときに使っていこうと思います。

なんだか雑な自己紹介になってしまいましたが宜しくお願い致します。

広告を非表示にする